埋没法での失敗例

埋没法で考えられる失敗

埋没法で考えられる失敗とは

埋没法とは、まぶたに糸を埋め込んで、二重のラインを作る美容整形の方法で、目を開ける時に動く筋肉と皮膚の裏側を糸で結ぶことで、皮膚が引っ張られて二重瞼にすることができます。この方法のメリットは、10分ほどの短時間で施術は完了し、数日で腫れが落ち着き、やり直しや修正が可能という特徴があります。ただ、皮膚のたるみが強い人は、埋没法で希望する二重にならない場合もあり、失敗する可能性もあるので、注意が必要です。

↑PAGE TOP